紅型は図案から仕上げまで全て一つの工房で行われます。

ここで紹介する工程は紅型の基本となるものです。

紅型には「朧型」「あとざし」「筒描き」「両面染」など色々な表現方法が存在します。

各工房によってもその技術は様々で、それぞれの技術があるからこそ、琉球びんがたは現代でも色鮮やかで個性豊かな作品が生み出されていると考えています。

1.型彫り​

図案を作り、型紙を彫ります。

型紙を彫る際に使う小刀をシーグ、

下敷きはルクジューと言って島豆腐を乾燥させて固めた手作りの道具を使って彫り進めていきます。

1/3

2.型置き​

生地に型を乗せていきます。糊は繊細で、少しの力の違いで線が太ったり潰れたりしてしまいます。

何百何千という仕事を繰り返し繰り返し、自分の技術を掴みます。

3.配色​

型置きのあと、呉引きという工程を経て色差しに移ります。

色は顔料や呉汁など、沖縄の色を表現するための材料や、沖縄の強い日差しに負けないための昔から継がれてきた方法で作られています。

ひといろ一色、手作業でいれていきます。

4.隈取​

琉球びんがたの特徴の一つである陰影をつける工程です。

配色を終えた色の上からぼかしながら色付けをします。

この工程により立体感のある鮮やかな色彩が生まれていきます。

5.蒸し&水元

配色を終えたら蒸し機で熱を与え、色を定着させます。

更にに生地に乗っている糊を残さないよう綺麗に洗い落とし、白地に仕上げます。

6.糊伏せ

洗い終えた生地を張り出し、

筒と糊を使い、柄の上に防染作業を行います。地色を最後にかけるため、染料を乗せたくない柄全てに施していきます。

7.地染め

背景の地染めです。

柄配色には顔料ですが、地染めは染料を使います。

防染した箇所は染料が差し込まず、白場の部分に地色を引いていきます。

8.蒸し&水元

再度、蒸しと水元です。

約1時間蒸し上げます。

それから糊伏せの糊や余分な染料を洗い落とします。

9.乾燥・完成

洗った生地を張り出して乾燥させ、

​湯のしをかけたら完成です。

  • Facebook Social Icon
  • Instagram Social Icon
  • 知念冬馬

お問い合わせ/会社情報

沖縄県那覇市宇栄原1-27-17

mobile     :070−6590−8313(毎日) 

telephone:098−857−3099(平日9時〜17時)

chinenbingata@gmail.com

© 2017-2019 知念紅型研究所/CHINEN BINGATA all rights reserved.