身にまとう色だからこそ、ひと色ひと色を大事にして。

数百柄ある知念紅型研究所の着物から

一部ご紹介します。

小花咲く
朧(おぼろ)型千鳥と青海波
どくだみ(付下げ)
水に流れ行く菊花(染め分け訪問着)

随時追加していきます。